小さな法律問題なら司法書士でも対応可能

司法書士は、街の法律家とも呼ばれています。
法律家と言えば弁護士が有名で、多くの人は何かトラブルがあったときには弁護士事務所を訪れます。
ただ、司法書士も法律相談には乗ってくれるわけです。
この点は、実はあまり知られていません。
司法書士は、民法に関してなら弁護士よりも詳しいことがあります。
司法書士試験における民法の出題量は非常に多く、司法試験のそれよりも難しいとまで言われているからです。
確かに、司法書士は不動産登記や会社登記を主な仕事としています。
ただ、最近になって、少額訴訟の担当もできるようになりました。
民法のことを相談するなら、弁護士にも劣らないことは知っておきましょう。
少額訴訟の裁判をお願いすることもできます。
ただ、弁護士ではないので本人を代理できないなどの制限があることは確かです。
訴訟の規模が大きくなると弁護士にバトンタッチしなければなりません。
ただ、身近な小さい法的トラブルならしっかり対処してもらえます。

英日翻訳でビジネス書
を解読いたします

契約書翻訳依頼
は1-STOPJAPANをお選びください

社労士が就業規則
を経営者様と一緒にお作りします

税務顧問を選ぶなら渋谷の確かな税理士
セルボ・クレールにご依頼してみてはいかがでしょうか?

最新投稿